読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけのこファイブコン

20xx年●月×日、関西ジャニーズJr.内のユニットである、たけのこファイブの単独コンサートが大阪松竹座で行われた。

 

 

●スクリーンに福本大晴、福井宏志朗、毛利柊和、吉野伊織、石澤晴太郎の5人の姿が映し出される。幕が上がると彼らの十八番ともいえる曲、「Happy Happy Lucky You !! 」のイントロが流れる。毛利柊和、吉野伊織が華麗なアクロバットを見せると、客席のボルテージは早くも最高潮に達した。

「今日は短い時間ですが、僕たちと一緒に楽しみましょう!!」と福本が言えば、5人は目を合わせて笑顔を見せた。

●ユニット曲では、福本、福井が「スワンソング」を大人の魅力たっぷりで歌い上げた。一方、毛利、吉野、石澤の3人が「4Seasons」を笑顔で歌い上げると、会場はあたたかい雰囲気に包まれた。

●「メクルメク」「Shower Gate」「桜咲くColor」「Cha‐Cha‐Cha チャンピオン」の4曲では、彼ららしいフレッシュな歌声とダンスで客席を魅了した。また、5人が考えたオリジナルの振り付けも披露された。

●MCコーナーでは、「愛の告白してみまShow!」と題し、吉野と毛利が愛の告白をすることに。「俺、こういうのほんと無理やねん!!」と恥ずかしがる毛利に対し、「俺はもう完璧やで♡」と吉野は早々に言いたいことが決まったようで、「柊和は俺にいつも優しいし、ダンスうまいし、かっこいいから好きです!!!」と告白をして会場を沸かせていた。

●「PARTY MANIACS」「迷宮SUMMER」「Black & White」のダンスナンバーでは激しいダンスとアクロバットを披露し、高いダンス力を存分に見せつけた。

●後半は「浪速一等賞」「アカンLOVE ~純情愛やで~」「3.1415926535」とアップテンポな曲が続き、再び客席のボルテージは最高潮に。「3.14~」では、曲振りを任されていた吉野が曲振りを忘れてしまうハプニングが起こると、メンバーから総ツッコミを受けていた。

●ラストは「for now and forever」を力強く歌い上げたかと思うと、クリスマスの公演でも披露した「LOVE」をしっとりと歌い上げ、見ごたえのあるパフォーマンスを見せた。

●「まだまだ盛り上がれますか!!!」「いやなことは全部置いていって下さい!!!!」とアンコールではコンサートの定番曲「バンバンッ!!」を披露。客席と一緒に熱気あふれるステージを作り上げた。

 

 

●今回のコンサートでは、彼らの新たな可能性を存分に感じることができた。特にパフォーマンスのレベルが個人で確実に上がっていた。歌、ダンス、そして笑いのセンスで関西ジャニーズJr.を今後引っ張っていくであろう魅力たっぷりの5人から目が離せない。そして、これからもっと大きな夢を叶えてくれるはずだ。